劇団横濱にゅうくりあ 2018年秋公演  『モノローグの可能性』!!

あの横濱にゅうくりあが帰ってきた!!

   ヨコハマを舞台、テーマ、イメージとしたオリジナルシアターを展開してきた劇団が、2016年3月27日に

   復活宣言をしたのです!!

   そして2018年秋、さらに加速する白熱の舞台はオールひとり芝居の4作品を一挙上演。

   題して『モノローグの可能性2018』!!

劇団横濱にゅうくりあ 久々のモノローグ!

<にゅうくりあ>は劇団創設以来、通常公演と平行して「モノローグ=ひとり芝居」の可能性を追求してきました。

たった一人で舞台に立ち、自分の作ったオリジナル作品を演じることは大変な作業です。

頼れるのは自分だけ。そして、すべての観客が自分だけを観ているという緊張感。それは同時に大きな満足でもあります。

観客の視線が自分だけに集中するという設定のモノローグは、芝居の原点とも言えます。

しかも今回の舞台では、参加する4名の内3名がひとり芝居初挑戦! どんな仕上がりになるのか、乞うご期待です!